2011年10月28日 ブログ
Pocket

【2011.9.27】毎月1回発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんばんは、レボネット株式会社の坂井です。
 平成22年8月20日に改正されたJIS X 8341-3:2010について
 簡単にわかりやすく解説していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■主に高齢者・障害者へ配慮すべき事項【1.適用範囲】

 これから解説するJIS X 8341-3:2010の規格は、主に、高齢者・障害者が
 ウェブコンテンツの企画・設計・制作・開発・検証・保守・運用をするときに
 配慮すべき事項を定めています。

 この項目で規定されている通り、適用範囲は主に、
 ”高齢者・障害者”ということになります。

 また、この項目では”障害”、”ウェブコンテンツ”について、
 以下のように定義しております。

 □”障害”とは

 全盲・ロービジョン、ろう・難聴、学習障害、認知障害、運動制限、
 発話困難、光過敏性発作及びこれらの組み合わせを含んだ様々な障害が
 対象とされています。

 □”ウェブコンテンツ”とは

 ウェブブラウザや利用者に伝達されるウェブアプリケーション、
 ウェブシステム、携帯端末などで利用されるコンテンツ、
 インターネット、イントラネット、CD-ROM などで配布される
 電子文書、ウェブブラウザを用いて操作する機器などを指します。

 以上のように、障害とウェブコンテンツを定義した上で、
 高齢者・障害者へ配慮する規定であるとして適用範囲を定めています。

 次回は、【2.引用規格】についてお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
———————————————————————

 2010年12月にYahooエンジンがGoogleに変わり、Yahoo index updateのような
 頻繁に起こる大変動はなくなりました。

 ですが、Googleは日々ユーザーにとって有益な検索エンジンとなるよう
 技術改良を続け、小さな変動は毎日のように起こり、サイトや対策の仕方に
 よっては影響を受けているサイトもあるようで、SEOを主としていた企業は
 日々悩んでいることと思います。

 ビッグキーワードや複合キーワードでも競合が激しい難しいキーワードは、
 さらに対策が難しくなり、最近では地域キーワードやスモールキーワードなど、
 比較的上位表示しやすいキーワードに絞ったり、複数のキーワードを
 かき集めるロングテールSEOが中心となっている現状があります。

 サイト自体のコンテンツ強化、反応アップのためのデザインやレイアウト修正、
 システム強化は大前提として、集客の取り組みはできる限り分散して
 行うことが重要です。

 SEOについては、常に先を見据えてビッグキーワードも狙いつつ、
 反応率の高い地域キーワードやスモールキーワードで上位表示させ、
 日々ユーザーに有益なコンテンツを増やし、ロングテールSEOを実践する。

 最終的には費用対効果をみて、集客をおこなうということが
 重要と考えております。

 特にSEOは費用対効果を考えて、取り組んでください。
 上位表示はできたけれど、そのために想定外の出費がかさみ、
 集客にもあまり繋がらなかったということがないようにご注意を!

 ↓↓TwitterでもSEOリアルタイム情報、iphone・ipad関連情報など
   ツイートしております。よろしければ、フォローしてください。↓↓
 http://twitter.com/tfive55555

 それでは、また来月お会いしましょう。

サイト内検索

075-344-3348
お問い合わせはこちら
© 2017 ホームページ制作 京都レボネット . All rights reserved.
ホームページ制作 by